都市ガス物件について

先日ご来店頂いた女性のお客様の希望条件は以下の通りでした

1.ペット可

2.都市ガス

3.独立洗面台

4.2DK家賃・管理費込68,000円

う~ん、該当する物件が極端に少ない、、、と言うのが第一印象ですね(・.・;) 東京23区に住んでいると都市ガスは当たり前ですが、町田~小田急相模原駅付近は都市ガス物件は全体の50%ほど。しかもペット可物件は、全体の10%しかないのです。お客様の希望条件の1+2だけで、該当する物件が全物件の5%しかない!

実際に検索をしてみると、条件にマッチしたのはたった2物件だけ(+o+)

このお話をお客様にすると

「じゃあ、範囲を広げて本厚木までで探してもらえますか?」との事。無いだろうな。。。と思いつつ検索してみたのですが、やはり小田急相模原駅以外に該当物件はありませんでしたね。

その為、町田~本厚木駅までの都市ガス物件の構成比率を調べてみました。

・町田     50%

・相模大野   50%

・小田急相模原 50%

・相武台前   16%

・座間     7%

・海老名    15%

・厚木     16%

・本厚木    42%

小田急相模原駅から小田原方面に範囲を広げても、都市ガス物件は少なくなるばかりなんです(-_-メ) ちなみに都市ガス率50%のオダサガでもエリアによって異なるのですが、座間市相模が丘エリアは都市ガス物件は10%しか該当しないんですよ~! オダサガで都市ガス物件で探すなら、相模原市になりますね♪


都市ガスはプロパンガスより料金が2~3割安いと言われています。光熱費を見直す為に都市ガス物件に引越しをされてお客様は多いですね。そんなお客様の為に、当社では都市ガス物件をシングル&ファミリー向けで検索できるようにしているんですよ(^^♪

  

※クリックすると検索ページに飛びます!


どうしてガス代に差が出るのでしょうか?

1.公共料金と自由料金の違い

関東だと都市ガスは東京ガスが消費者と直接契約をしてガスを供給しています。料金は公共料金で、東京ガスが勝手に料金を変更する事ができません。一方プロパンガスは自由料金で、公的な適正価格やガイドラインはなく、販売店の裁量に任されているのです。

2.導入時の費用の支払い方法の違い

都市ガスもプロパンガスも、ガス管や料金メーターなどの周辺機器の設置費用は、利用者が負担します。ただしその費用の請求方法が異るんです。都市ガスでは利用開始時に設備費用として一括して請求。したがって一旦都市ガスを引き込んでしまえば、あとは毎月ガスの使用量だけを払えばよいが導入時の費用は高い。

これに対してプロパンガスでは毎月のガス使用量にガス管や料金メーターなど設備費用を上乗せして請求するのが慣習となっている場合が多いのです。そのため導入時の費用はかからないが、毎月のガス料金に設備費用が上乗せされています。


ガス代が高いので、悪者みたいなプロパンガスですが、良い点もあるのですよ。

1.災害時の復旧が早い

各家庭1戸単位でボンベと配管、ガス機器の安全性が確認できれば再開できます。

2.熱力が強い

1㎥あたり約24,000kcalの熱量で都市ガスの2倍!熱量と火力とは異なり、火力はプロパンガスも都市ガスも同じです。

光熱費を考えて都市ガス物件を探すなら、沿線なら町田~小田急相模原駅まで、市町村別なら町田市・相模原市で探すことをお勧めします! オダサガに精通した当社なら、お客様にぴったりのお部屋をお探し出来ますよ(^^♪

★小田急相模原 賃貸 ミカハウジング★

ホームページ:http://www.mikahousing.jp
スマートフォン用:http://www.mikahousing.jp/mp/

 

 

 

 

投稿者:

mikahousing

小田急相模原のサウザンロード商店街沿いで不動産業を営んでいます。女性ですが独立開業をして、現在一人で営業しています。地元相模原市出身。星が丘小学校・上溝中学校・桜美林高校・東洋大学を卒業しました。 女性の一人暮らしを応援しています!電話・メール・ラインでいつでも連絡下さいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です